特ダネ

2017.1.1

「谷内六郎のせかい」展のご案内

ヒルトピア、チョウの通りにあるショーウィンドーにて、
昨年に引き続き、三百六十五日間の展示を開催中です! 

2017年の展示は、「谷内六郎のせかい」展です。

『週刊新潮』の創刊号(1956年)から急逝する1981年まで
表紙絵を担当した谷内六郎氏の季節感・情感ゆたかな
あたたかい展示をぜひご覧ください。

(問い合わせ先:アートフォレスト 03-3518-6468)

==よろしければ以下のサイトもご覧ください!==
横須賀美術館 谷内六郎館
谷内六郎 ホームページ

☆谷内六郎 タニウチ・ロクロウ
1921年東京生まれ。幼少より喘息で入退院を繰返すが、絵筆は離さず、10代の頃から新聞・雑誌にイラストや漫画が掲載され度々入選する。55年、文藝春秋第一回漫画賞を受賞。翌年『週刊新潮』創刊号より表紙絵を依頼され、81年に亡くなるまでの26年間休むことなく描き続けた表紙絵は1300余点にのぼる。油絵やろうけつ染、絵本、装丁、など多くの作品を手がけた。また、制作の傍ら福祉活動にも尽力した。75年、横須賀市にアトリエを構え、07年には横須賀市に谷内六郎館が開館する。

画像

前へ次へ

ページトップ